最近たまに考えていること

未分類

先日、親戚の行事の日程を調整するのに、大安だからとか、日取りがよくない、よいからこの日に決めたなどという話を聞いた。
自分は仕事が忙しいし、家族の用事もあるので、親戚関連の日程調整で「縁起の良し悪し」のほうが優先されるのおかしいなあと思った。
優先順位としては、子どもの学校関連の行事や仕事のほうが上だろうと思うのだ。

自分は、結婚式や車の納車や新居への引っ越しを仏滅にやってもよいのでは?と思う。厄年も興味ないし、日常生活での優先順位のほうが大事なんだよね。
例にあげた結婚式や納車、引っ越しなどは、他人のスケジュールやら自分の仕事の日程、段取りなど様々な事柄を調整して、日取りを決める必要がある。
あちこち連絡して調整し、土曜だし天気もよさそうだしこの日が最適!と思っても「大安じゃないからダメ。」では、なんのための縁起かつぎなのか、わからない。意味がないよねえとか思ってしまう。

話はそれるが、結婚に関する婚約指輪や結納、仲人もよくわからない。全部省略できるのでは?そのほうがお金もかからないし、浮いたお金は新居のためとか、将来の子どものために使いたいとか思ってしまう。新婚旅行のホテルをワンランクアップでもよいし。

でも、結構少数派なのかなあ。「儀式」の意味って価値観になってしまうのかも。自分が「大事」と思う儀式はやってもよいというわがままだけなのかもしれない。
結婚式はよくて、結納はパス。新婚旅行にお金かけるのはよくて、桐のタンスや訪問着はいらない。着物着ないし、タンスもウォークインクローゼットがあるので、しいてまでいらないなと思ってしまうので。これはやはり好みなのかも。

そんなに合理主義でもないけれど、データベースのコンテンツなど作っていると、和暦は西暦に統一してほしいと思うし、フォーマットは全部統一すれば何事も効率化できるなと思う。マイナンバーカード作って電子で管理と思っても、「両面コピー」が必要な場合があって、脱力する。

タイトルとURLをコピーしました